WordPress をローカルで動かせる「XAMPP」のインストール方法

About XAMPP

WordPress をローカル環境で動かすことができるツールはいくつかありますが、今回はそのひとつ「XAMPP」のインストール方法をメモします。

因みに、XAMPP は日本語で & 使い慣れたバージョンが旧バージョンなのでそちらのバージョンを使います。

XAMPP の旧バージョンをダウンロード場所

WordPress の動作条件

WordPress の動作条件は、PHP バージョン 5.2.4 以上、MySQL バージョン 5.0.15 以上と、それを満たしていれば WordPress は動くわけなのです。

ローカルで WordPress のサイト制作&チェックするために、ちゃんと動作すれば良いだけですから、無理して日本語非対応の最新版 XAMPP を入れる必要もなし。

使い慣れた PHP 5.5 の XAMPP バージョン 1.8.2 をいつも利用している次第。 

XAMPP の旧バージョンの PHP & MySQL バージョン

XAMPP Apache MySQL PHP 5
5.6.3 2.4.10 5.6.21 5.6.3
5.5.19 2.4.10 5.6.21 5.5.19
1.8.2 2.4.10 5.5.39 5.4.31
1.8.1 2.4.3 5.5.27 5.4.7
1.8.0 2.4.2 5.5.25a 5.4.4

XAMPP 旧バージョンのダウンロード先

ダウンロード方法

XAMPP 旧バージョンダウンロード先

利用中の OS を選びます。自分は Windows なので、ここでは「XAMPP Windows」を選択します。

XAMPP の旧バーションのダウンロード

日本語対応の 1.8 系をダウンロードします(ここでは 1.8.2)。

ダウンロード後にすぐインストールができる「.exe」ファイルが手っ取り早いのでこれをチョイスします。

XAMPP のインストール手順


  • STEP.1
    XAMPP インストール手順 01

     

    まずは、ダウンロードした「.exe」ファイルを起動します。


  • STEP.2
    XAMPP インストール手順 02

    Next をクリック。


  • STEP.3
    XAMPP インストール手順 03

    全部にチェックが入っていて大丈夫なので Next をクリック。


  • STEP.4
    XAMPP インストール手順 04

    インストール先に問題がなければ Next をクリック。XAMPP は 1GB 近くあるので C ドライブの容量に余裕がない場合は他の場所へ。


  • STEP.5
    XAMPP インストール手順 05

    これはローカルで WordPress を動作させるのにいらないのでチェックをはずして Next 。

  • STEP.6
    XAMPP インストール手順 06

    ここも Next をクリック。

  • STEP.7
    XAMPP インストール手順 07

    インストールが始まります。10分くらいかかるので放置して待ちます。終わったら Next 。

  • STEP.8
    XAMPP インストール手順 08

    そのまま XAMPP が起動するかチェックするので、「✔」をいれたまま Finish します。

  • STEP.9
    XAMPP インストール手順 09

    WordPres を動作させるには Apache と MySQL を Start するだけで良いので、そのふたつの「Start」ボタンを押します。このように Module がグリーンになれば問題なく動作したということです。

  • STEP.10
    XAMPP インストール手順 10

    Windows の場合は、初回に「Start」ボタンを押すと、ファイアーウォールへのアクセス許可を問われるので「アクセスを許可する」をクリックして許可します。

  • STEP.11
    XAMPP インストール手順 11

    XAMPP の設定はブラウザで「localhost/xampp」を入力して開くと起動します。初回は「日本語」を選択すれば次回からは XAMPP 設定画面が開きます。


XAMPP のインストール手順は以上です。