XAMPP に WordPress インストールしてローカル可動させる方法

About XAMPP

今回は、このメモを参考に PC へインストールした XAMPP に WordPress をインストールしてローカル稼働できるようにする方法をメモします。

XAMPP がインストールされた場所

XAMPP のインストール時に特に変更していなければ、ボリューム C の中にインストールされた XAMMP フォルダがあります。

XAMPP へ WordPress を入れる手順

まずは WordPress 公式ページから日本語版の WordPress 本体をダウンロードします。

つづいてダウンロードした WordPress 本体を XAMPP の指定フォルダへ入れます。


  1. ボリューム C にある XAMPP フォルダを開きます。

  2. XAMPP フォルダの中に「htdocs」フォルダがあります。WordPress はこのフォルダの中へ格納します。この「htdocs」フォルダはデスクトップなどへショートカットを作っていくと今後アクセスがしやすくなります。

  3. htdocs フォルダ内へダウンロードした WordPress 本体を入れます。画像にあるフォルダはすべてぼくがローカルで運用している WordPress です。フォルダの名称を変更すれば複数の WordPress をローカルで運用できます。

  4. 例えば、test というフォルダで WordPress を稼働させたい場合は、test フォルダにこのように ” WordPress フォルダの中のファイル” を全て入れます。
  5. これで XAMPP に WordPress 本体が入りました。

WordPress を動かすためのデータベースを作成

ローカルで WordPress を動かすといっても、サーバー運用と同様にデータベースを作り、WordPress をインストールしてから使います。


  1. まずは、XAMPP を起動させて、Apache と MySQL をスタートさせます。これでローカルで PHP と データベースが動くようになります。
  2. ブラウザの URL入力欄へ「localhost/xampp/」を入れて開きます。この URL はブックマークしておくとアクセスする際に便利です。

  3. URL で開いた XAMPP ページのサイドバーにある「phpMyAdmin」を選択します。ここに XAMPP の MySQL データベースがあります。

  4. phpMyAdmin が開いたら「データベース」を選択します。この辺はオンラインで WordPress を運用するのと同じです。

  5. ここにデータベース名を入力して作成します。このデータベース名は htdocs フォルダに 入れた WordPress 本体フォルダと同じ名前にします。その方が管理が楽になるからです。

  6. 作成を押して「データベース●●を作成しました」が出ればOKです。
  7. これでデータベースの作成が完了しました。複数の WordPress を XAMPP で運用するときにはこれを繰り返します。

WordPress のインストール

XAMPP フォルダへ WordPress を入れ、データベースを作成したらローカルで WordPress を使う準備完了。いよいよインストールします。


  1. 例えば test フォルダで WordPress を入れたらそれがルートになります。localhost/test が URL となります。sample という名のフォルダなら localhost/sample となります。

  2. ルートの URL をブラウザに入れると WordPress インストール画面になります。

  3. ここにデータベースの情報を入力します。データベース名は先程作成したものを、ユーザー名は「root」パスワードは空、あとは画像の通りで「送信」を押せばOKです。
  4. あとは、オンラインと同じように勧めていけばOKです。

XAMMP はインストールなどの手順が多いのですが、反面、ローカルで複数の WordPress を稼働させるのに他のツールよりも管理しやすく、インストールしてしまえば使いやすいオフラインツールです。

というわけで XAMPP で WordPress を使えるようにする手順でした。