プラグイン Google XML Sitemaps の正しい設定方法

About WordPress

Google 検索クローラーに運営ブログのサイトマップをお知しらせしてくれる、とても便利でとても重要なプラグイン「Google XML Sitemaps」。

自分で XML サイトマップを作るのは結構骨ですから、コンテンツが増えて行く度に自動でサイトマップボリュームを増やして更に Google 検索クローラーにお知らせもしてくれるんだから「Google XML Sitemaps」大したプラグインです。

そんなすごい「Google XML Sitemaps」ですが、設定方法を誤ると、Google Search Console からエラーが届いちゃって、検索結果に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

今回は「Google XML Sitemaps」の使い方と正しい設定方法をメモします。

Google XML Sitemaps を WordPress へインストールしよう

Google XML Sitemaps はプラグインの新規追加検索で表示されるので、インストール方法は至って簡単です。

Google XML Sitemaps のインストール

「Google XML Sitemaps」で検索して、インストール後に忘れずに有効化します。

有効化後の Google XML Sitemaps は「設定」にあります

有効化したあとは、管理画面サイドメニューの「設定」の中に「XML-Sitemap」という表記で存在しています。

これをクリックして Google XML Sitemaps 設定画面を開きます。

Google XML Sitemaps 設定のピンク枠で囲った部分。これがブログのサイトマップ用にプラグインが自動生成してくた XML サイトマップの URL です。

この URL をのちほど Google Search Console に貼り付けます。

つづいて、設定画面をスクロールして・・・

「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックをはずします。

これは、HTMLページを利用していない WordPress には不要のもので、このチェックを入れたままで Google Search Console と連携してしまうと、プラグインが不必要な HTML サイトマップを生成してしまい、以下のようなエラーがでます。

このように「問題がでましたよ! 検索結果に悪影響がでるばあいもあるよっ!!」 と Google Search Console さんに怒られてしまうのです。

したがって、チェックをはずしたほうが良いのです。

これで、Google XML Sitemaps 設定は完了です。

つづいて、Google Search Console を開きます。

Google Search Console へサイトマップを登録しよう

注意

本メモでは、Google Search Console にはすでに登録済みであると想定して内容を進めます。了承くださいね。

Search Console のサイトマップをクリックします(このブログはすでに登録してあるので情報がもう反映されています)。

サイトマップの追加 / テストボタンを押します。

サイトマップ URL 入力エリアがドロップダウンするので、先程 Google XML Sitemaps で生成されたブログのサイトマップ URL を入力します。

ブログ URL までは自動で表記されているので、あとの部分「sitemap.xml」を入力して、「送信」ボタンを押します。URL のスペルを間違わない限りテストしなくても大丈夫です。


これで、プラグイン「Google XML Sitemaps」を用いて、Google 検索が有利にするためのサイトマップ登録方法が完了です。