ビジュアルエディタの「段落(見出し挿入)」から不必要な見出しを削除する

About WordPress

WordPress の投稿画面ツールバーにある「見出し挿入」のための「段落」というセレクタはデフォルト状態だと「段落・見出し2~見出し6」まであります。

見出し5 や 見出し6 って実際にほとんど使わないですよね。特に納品したウェブサイトなんかだと見出し3 すら使わないなんてっことも無きにしもあらず。

不必要な見出しを除外しておくことは、良いクライアントワークにも繋がります。

今回は、ビジュアルエディタのツールバー「段落(見出し挿入)」から不必要な見出しを削除する方法をメモします。

見出しをカスタマイズして不必要なものは非表示にする

以下を function.php に貼り付けると見出しの調整が可能になります。

これで「見出しは 2 と 3 だけ表示してくださいね」という命令を出しています。

見出し3=h3; の横に 見出し4=h4; を追加すれば、ツールバーには見出し 4 が表示されます。必要な要素を任意で記述調整してください。

設定する前

設定する前はデフォルトですから当然「見出し2~6」まであります。

設定した後

こんな風に指定した見出しだけが表示され、不必要な見出しが削除されています。


クライアントワークに役にたつので必要ならば使ってみてください。